プラネットセラピープログラムをご使用いただいたお客様から届きました、実際のお声をご紹介させていただきます。
弊社のサプリメントのご使用をお考えの飼い主様へご参考にしてください。

また、ご意見、ご感想を是非お寄せいただきたいと思います。ご意見、ご感想の送付はメールお問い合わせフォームにてお願いいたします。
お寄せいただきました声は、ホームページにてご紹介させていただく場合がございます。
ご紹介させていただきましたお客様には、全てのアイテムの中から、ご希望のサプリメントを1週間分進呈させていただきます。是非ご活用ください。

ジローちゃんとライフメティオ その1

2016. 04. 01.

★2010/10
■シーズー ジローちゃん オス 16歳
■症状:心臓発作 皮膚病 食欲廃絶
■与えたサプリメント:ライフメティオ(旧 CPLスーパーファスティング)、CPLマーズハート

【2010年9月29日】
16歳と5ヶ月になるオスのシーズー 最近心臓病、更には皮膚病を患い、処方された薬の服用を極度にいやがり、そのせいで食事の量が激減、 更に下痢も度々引き起こすようになり、一時は危篤状態にまで陥り獣医からは今夜辺りが峠になるかも知れませんと言う宣告を受け家族は悲しみにくれました。 しかし、私は最後まで諦めずジローの生命力にかけることを決断したのです。そんな折、知り合いの方にご紹介頂きカチオン様のスーパーファスティングを教えて頂いた次第です。 是非サンプルを頂載いたしたく宜しくお願いします。
 →翌日カチオンよりサンプルを送付。

【2010年10月4日】
この度は、スーパーファスティングのサンプル希望をお願いしたところ、大変ご丁寧なお手紙及び、他のサンプルも頂戴し、誠にありがとうございました。 正直、これ程、心のこもった内容を送っていただけるとは思ってもいなかったもので、大変感動すると共に、御社のワンちゃん、猫ちゃんに対する真剣な 思いと言うものがひしひしと伝わってまいりました。
 →ライフメティオ(旧 スーパーファスティング)とマーズハートのご注文頂く。

【2010年10月13日】

いつも大変お世話になっております。
先週6日に愛犬ジローが心臓発作で倒れ急遽獣医へ。幸い、最悪の事態はまぬがれ、その後また奇跡的な回復を 見せてくれたジローそして昨日、 1週間後の再診に病院へ行って来たのですが、獣医の口から、とても落ち着いていますね。良い調子ですよ。と、何とも嬉しい言葉をかけていただきました。 そしてその際、今処方している薬の中で 一番大きな茶色の薬、全て飲ませるのは大変かと思いますが、正直この薬が一番効き目があるので何とか頑張って飲ませてください。と、そう言われ帰宅したのですが、 実は今、その先生から言われた一番効き目のある薬を飲ませてなかったのです。
もうカレコレ2週間以上、(勿論先生には話しておりませんが。先般ご相談した際に、 今処方されてる薬の優先順位を決めてサプリと併用して飲ませてくださいとアドバイスいただき、今はとにか食べてもらおう、と、それを一番に考え一番小さな薬のみを与え、 送っていただいたサプリを与えて来ました。マーズハート・ライフメティオ(旧 スーパーファスティング)も違和感なく口にしてくれる事から、7日の服用開始から約1週間となる今、とても順調に歩みを進めている、、、 と言った感じがしております。心配していた「食いボケ」とも思える症状も、一的だったようで、今はその点も落ち着きましたので、一安心しております。 また後日詳細についてご報告させていただきますが、本当にカチオン様に出会えました事を、大変嬉しく、そして心強く思っている次第です。 今後とも、宜しくお願いします。添付した画像は、先日6日心臓発作で倒れた日、ライフメティオ(旧 スーパーファスティング)を食べ終わり、満足げ?なジローです。 一時はとても食べれるなんて思える状態じゃなかったので、これも奇跡の一つです。^^




【2010年10月21日】
サプリを飲み始めて1週間が経過し、本当に全てが順調に進んでいると思っていた矢先の17日早朝3時過ぎ、突然ジローを襲った発作、、、、でも今回の発作は 今までのものとは明らかに違っていました。素人目に見ても、目はうつろ、それに舌の色もみるみる変色し(紫に)身体は小刻みに震え、息遣いも尋常では無い、 あーこのまま虹の橋を渡ってしまうのだろうか、、と、さすがにその時は、そう覚悟しました。 もういいから、頑張らなくていいから、辛いでしょう、もう楽になっていいから、 、、、と、涙ながらにそんな声をかけてしまうほど、ジローは苦しそうだったのです。
でも、ジローは負けませんでした。またしても奇跡を起こしてくれたのです。午前6時過ぎ、ようやく落ち着きを取り戻したジローは自分の足で歩き、お水を飲み 横になりました。スースーと寝息を立てて眠るジローを見つめながら、本当にジローは強いね、泣いてばかりいたお母さんが本当に恥ずかしいよ、と、そう声を かけながら何度も何度も撫でてあげました。
今日は到底フードを口にするのは無理だろうし、薬は勿論の事、サプリも無理かもしれない、でも、もしかしたら、、、と、お昼過ぎにファスティング1袋をぬるま湯で 溶いたものに、オブラート1/4カットで小さく包んだマーズサポート1/2袋をファスティングの中に入れ与えてみたのです。すると一瞬戸惑っていたようでしたが、 その後ペロペロと舐めはじめ全て食べてくれるではありませんか。 その姿を見た時は、思わず涙が出そうでした。このファスティングの中に入れたマーズサポート、実は当初はとても好んで口にしてくれていたのですが、ある日を境に、 突然要らない!!と、ばかりにプイッと横を向いてしまうようになり困っていたところ、以前お薬をこのオブラートで包む作戦を実行したところ上手く行ったのでも しかしたらと思い実行した所、見事成功で、それ以来この方法でフードに混ぜ与えていたのです。 タピオカをイメージしていただけたらわかりやすいかと思います。(ただ、小さく包むのはとても手間がかかりますが。)
翌日早速獣医へと向かい、診察を受け、注射を打っていただき帰宅しました。帰宅早々、また発作で倒れ、本当に心配もしましたが、その後のジローの回復力は 脅威で私が仕事を終え、帰宅した時は、何といつも私の帰りを待っていた縁側で待っていてくれたのです。その姿を見て、一瞬目を疑いました。食欲も旺盛で、 時に廊下を走りまわり「走っちゃだめ、また咳が出て苦しくなるよ!!」と大声を張り上げても言う事をきかない程、勢い良く走っているジローの姿が目の前にあるのです。 あの発作から3日目しか経過していないのに、、、
今、改めてカチオン様に出会えた事を心から嬉しく思っております。今後とも宜しくお願いします。
ジローからも、ヨロシクオネガイシマス。との伝言を預かってます。(笑)

ジュピターハートで元気を取り戻しました

2016. 04. 01.

★2010/01~05 

■猫(ロシアンブルーMIX) 花子ちゃん メス 18歳(2010/05現在)
■症状:乳腺腫瘍
■与えたサプリメント:CPLジュピターハート、CPLライフメティオ、CPL100

17歳の雌猫で、乳腺腫瘍を患っています。
ちゃんと食べてくれるか心配で前回は小さいパックを注文しましたが、餌に混ぜても全く気にせず食べてくれました。始めたばかりですが、目の輝きや毛艶も良く、徐々に元気を取り戻して来ているように思います。
現在、腫瘍の周辺が腫れ上がっているので、まずは腫れが引いてくれるように、引き続き飲ませて行きたいと思います。

-------------

腫瘍の方は今のところ変化はありませんが(現在、5cmぐらいの大きさになっています)、腫瘍があるというのが嘘のように元気になって来ています。以前は頻繁にあった嘔吐や下痢の症状がなくなり、食欲も旺盛で、減っていた体重も徐々に増えています。
腫瘍がまだ小さい時に病院を受診しましたが、高齢なため、麻酔をかけての検査も手術も出来ないと言う事でしたので、もう諦めるしかないと思ってましたが、こちらのサプリメントでこんなに元気になって嘘のようです。
あと何ヶ月生きられるのか分かりませんが、希望を捨てず、頑張って行こうと思います。

-------------

うちの花子(猫)は、おかげさまで毎日食欲もあり、元気に過ごしています(サプリメントも毎日キチンとご飯と一緒に食べてくれています)
腫瘍の方は、大きくも小さくもなっていないようですが、赤く腫れている感じは少しマシになっているようです。
本人(猫)は治った気持ちでいるのかどうなのかわかりませんが、おもちゃを口にくわえて走り回ったり、とても楽しそうに過ごしています。
まずは5月1日の18歳の誕生日を無事に迎えられれば、と願っています。

-------------

こんにちは。おかげさまで、うちの花子も元気に過ごしています(腫瘍の方は少し大きくなったようですが、食欲もありますし、目にも輝きがあります。)あと10日ほどで18歳になりますが、この調子で行くと、気候の良い間は調子良く過ごしてくれるのではないかと思っています。ありがとうございます。

-------------

最近、腫瘍部分をグルーミングしないようにと洋服を着せたところ、腫瘍の腫れは急激に治まりました。
しこりはまだ数カ所ありますが、腫れが治まった事で、とても快適になったようで、毎日上機嫌に過ごしています。
もちろん、サプリメントも毎日食べてくれています。


マーズハートで歩けるようになりました

2016. 03. 10.

★2009/09

■トイ・マンチェスターテリア ラッキー君 オス 15歳
■症状:突発性の脊髄神経圧迫による歩行障害
■与えたサプリメント:CPLジョイントハート → CPLマーズハート
 

はじめてお手紙を差し上げます。この度はカチオンさんのサプリメントのおかげで奇跡が起きました。 ラッキー君(トイ・マンチェスターテリア/15歳4ヶ月)のことを少し書かせて頂きます。

14歳4ヶ月の9月半ば、散歩の帰り道夕立に遭い走って家に帰りました。 その時前足が真っ赤になっており、どうしたのかと見ると前足の爪の頭が擦れ血が出ていました。 そんな事があって一週間位したら突然!!全然立ち上がる事が出来なくなりました(あの時は必死で歩いてくれたのだろうと思いました。)

ここから寝たきりの生活になり、ラッキー君にとっても家族にとっても地獄の生活が始まりました。
昼、夜おかまいなく泣き続け(たぶんラッキー君も何でこんなふうにと思っていたのではないか?)、 2~3時間おきに声を掛けオシッコに外に連れ出し、又寝返りをしてあげたり等々、 病院に行ってもまあ年だし前足の方が来たと言うことは脊髄の神経が圧迫されているのでは…?との事。 だいたい動物は後ろ足から老いるとの事でした。
病院で薬はだいたい頂いていましたが、医師にそう言われてもどうしても納得いきませんでした。一週間位前は元気で歩いていたのに…。


それから毎日、家の中では排泄が出来ない子なので、雨の日も風の日も2~3時間おき位に外に出たり入ったり、 大変忙しい思いをしました。でも、こんな状態になってもオシッコはちゃんと教えてくれるし、食事は健康な時と変わりませんでした。 足だけがだめになっただけで。

でも、そうこうしている間に元気だった後ろ足の筋肉がみるみる落ち、骨が2本くっきりと出てきてしまい、 これでは本当に立つことも出来なくなってしまうと思い、散歩仲間の方からいろいろアドバイスを頂き、 あれこれ試しカチオンさんのサプリメントにたどり着いたのです。

始めはまず関節のCPLジョイントハートから入り、2袋飲んだ頃から自力で寝返りをうったり足を動かすようになりました。 足にも力が出てきました。大好きな自分の椅子からもちょっと目を離すと落ちそうになる位力がついてきました。 そうなると欲が出てきて、外で歩かせてみると後ろ足だけでどんどん歩いてくれました。それからです。足に筋肉が戻ってきたのは。
よし、次は前足の方だと思い、医師に神経と聞いていたのでカチオンの清水様にこういう状態なんですがと相談致しましたところ、 色々と親身になってアドバイスをして頂き、CPLマーズハートとタウリンがベストです、と言う事でした。

ジョイントハートからマーズハートに代えて1ヶ月位の時だと思います。立ち上がる様になり、そのうち1番初めに2~3歩足を進め歩きました。 この時の感激は忘れません。光がさした様でした。ラッキー君が歩いた歩いたと家中で騒いでしまいました。
嬉しくて嬉しくて、それから毎日歩数が増え、今は外に出て散歩が出来る様になりました。 抱かれながら散歩していた時のラッキー君は友達が受け入れてくれませんでしたが、 まだヨチヨチ歩きですが立って歩いているのを見ると又前の様に友達に戻ってくれました。 今では外がよくてよくて少々困ります。でも散歩仲間の方々をはじめ御近所の方々もラッキー君を見て自分の事の様に喜んで下さいます。
これもカチオンさんのサプリメントにめぐりあえた御陰だと思い、大変感謝しておりますと共に、 ラッキー君のもう一度歩きたいと思う気持ちと家族の歩かせてあげたいと言う気持ちが一致した結果だと思っております。

こうなるまでの1年間はまだまだ書ききれないほどの事がいっぱいありますが、 これからはあせらず1日でも長く歩くことが出来る様、サプリと共に頑張っていこうと思っております。今は幸福イッパイです!!
カチオンさん、本当に有難う御座いました。今後とも宜しくお願い致します。